綺麗に冬物衣類を保管するために必要なスペース

綺麗に冬物収納するためのスペース作り

収納スペースが必要となるという意味では、冬物衣類もそれ以外のシーズンの衣類も共通しますが、冬物衣類は厚手であったり、温かいものの傷みやすい素材を使っていたりする都合上、綺麗に収納するなら、他のシーズンの衣類以上に収納スペースが必要とします。

具体的な収納スペースの確保案を提示するなら、衣類の総数の管理による衣類用スペースの調整や不要な衣類を廃棄ないしリサイクルショップやフリマアプリを用いて処分するのが無難ですが、押入れを上下でクローゼットスペースと収納スペースに見立てて疑似クローゼットに仕立てたり、収納機能を備えた椅子をはじめとした収納機能がある家具を購入利用してみたりするのはいかがでしょうか。

どうしても収納スペースが足りない場合

衣類の総数を抑制し、衣類を必要最低限まで減らして、押し入れの疑似クローゼット利用や収納スペース付きの家具を用いてもなお、収納スペースが足りなかったり、衣類の数を減らしたくなかったりする場合は、家の中の収納スペースだけだとどうしても限界があるため、収納スペースを家に確保する以外の方法も考慮しなければなりません。

家以外の収納スペースとしては、トランクルームが有名どころで、月額5000円以上は確実、ロッカータイプでも3000円は要し、保管込みの宅配クリーニングサービスで1万円以上はかかり、宅配保管サービスなら月額300円で済むものの、保管量は段ボール一箱分と金額が安ければ保管量がおぼつかないことを踏まえた上、収入に応じて柔軟にサービスを選択して下さい。


▲ TOPへ戻る