保管方法とアイテムを合せた冬物衣類の綺麗な収納

保管方法による綺麗な冬物収納対策

他のシーズンの衣類とは違い、セーターやニットのように畳み方に工夫を要したり、特定のコート類やダウンのように圧縮収納に不向きな造りをしていたりする冬物衣類を綺麗に保管するためには、畳み方を守りつつ収納方法も選別しなければならず、面倒な面が際立ちます。

セーターとニットは傷みやすい材質から折り畳みに適した衣類とは言い難く、袖が内側に来るようにしつつ、一度折り畳むに留め保管するのがベターでしょうし、コート並びにダウンはシーズンが終わった後に専門店へクリーニングに出したら、クリーニング店がかけたビニールカバーをそのままにするか、あらかじめ用意しておいたカバーで覆い、収納することになりますが、コートの場合、クローゼットに収納するにせよ収納ボックスに収納するにせよ、防虫対策のみならず型崩れ対策も必要となるでしょう。

冬物収納に役立つアイテム

冬物衣類に共通のかさばるという特徴から、冬物衣類の収納は工夫が求められ、上手に収納できないと綺麗に保管することは難しいために、収納方法自体の工夫のみならず、収納場所にも工夫が求められることになるので、収納アイディアやアイテムの積極利用がお勧めです。

例えば、収納ボックスはその典型例で、目新しさこそありませんが、畳み方さえ違えず、防虫対策を施しておけば冬物衣類を綺麗に保管するのに大いに役立ちますし、旅行用のスーツケースは収納ボックスとして代用することも可能である他、ホームセンターや100円ショップなどで軽量の突っ張り棒を購入して、そのまま使うことも、クローゼットの高所に突っ張り棒を二~三本並べ、畳んだ衣類を並べることもできます。


▲ TOPへ戻る