いちいち衣替えする必要はあるの?

冬物の衣類がかさばる理由

冬は、夏や春秋とは違って、気温の低下が著しく、寒さを無視して活動するのは死を招きかねないために防寒対策が必要不可欠であり、主に室外や暖房の不十分な場所において冬物衣類が必要となるわけですが、防寒対策を施した衣類の多くは他のシーズンの服に比べると厚手であったり、大きめであったりするためにかさばることは避けようがありません。

掻い摘んで言うなら、冬物衣類がかさばるのは防寒対策のただ一点に尽き、冬眠することもなければ毛皮もない人間が冬場に活動するためには最低限必要な対策である以上、たとえかさばろうとも冬物衣類の必要性は一切揺るがないため、冬という季節がある地域においては、どんなに面倒でも冬物衣類の用意は必要なのです。

オールシーズンで使える衣類収納

衣類の収納は冬に限らず行う必要があることから、様々な収納方法が考案されており、冬に使える衣類収納法はもちろん、オールシーズン使える衣類収納もあるので、衣類収納の基礎としてオールシーズンで使える衣類収納についての理解を深めておきましょう。

オールシーズンで使える衣類収納の一つは、衣替えや洗濯後に畳んでハンガーに吊るしてしまい、そのまま収納スペースに収納してしまう方法なので畳む手間がかかりません。

加えて、専用の一時保管スペースを用意することで家族の衣類が入り混じるのを防止しすることもできますし、変える頻度が高い下着類は、洗濯機周辺に保管スペースを作ってしまい、乾いたら畳まずに入れるだけで済ませてしまうのも、シーズンを問わずに使える衣類収納です。


▲ TOPへ戻る