いちいち衣替えする必要はあるの?

冬物衣類がかさばる理由として、冬物衣類の機能である防寒機能に伴う冬物衣類の収納性の低さについての言及を行うと共に、オールシーズンで利用可能な衣類収納の基礎的な知識の一環である、ハンガーを利用して畳む過程を省く衣類収納や下着類の収納に触れました。

保管方法とアイテムを合せた冬物衣類の綺麗な収納

防寒性を重視するために傷みやすい材質が少なくない冬物衣類は、他のシーズンの衣類と比べ、綺麗に保管するために衣類の材質に応じて畳み方や保管方法を変えるといった手間を要し、保管方法の工夫はもちろん、収納用のアイテムの積極的な利用が望ましいでしょう。

冬物衣類の特徴と衣類収納の基礎

クローゼットをはじめとした衣類収納に収納された衣類を季節に応じて入れ替える衣替えは、一年を通して気候が安定している寒冷地域なら冬物衣類だけで事足り、逆に温暖な地域なら夏物衣類か春秋物衣類だけで十分なので、不要かも知れませんが、日本のように四季がある地域や季節ごとの寒暖差が激しい地域において、適切な衣類を選択するためにどうしても必要となるため、衣替えの必要な地域で生活を送る以上、季節対応可能な通年着用衣類でも開発されなければ、季節ごとに適宜衣替えを行い、気候の寒暖に対応するしかありません。

端的に言えば衣替えは必要に迫られてのものであるといえますが、素直に衣替えで対応する以外に対応法はありませんので、必要性の追求は建設的とは言い難いため、建設的に衣替えのメリットについて目を向けてみると、季節ごとに衣類を選別することにより出社や登校の際の着替えをスムーズに行えることに加え、前シーズンの衣類のメンテナンスを行うことで衣類の耐用年数を引き延ばす効果が期待できる他、コーディネートの選択肢を絞ることも可能でしょうか。

また、衣類の総数を管理することで、衣替えしなくても衣類が利用できる状態を維持できるのであれば、衣替えの必要はありませんが、衣類を季節ごとにまとめておくことで利便性を高められるかも知れないのでご一考下さい。

ちなみに、極端な例ではあるものの仕事着と部屋着、外出用の衣類数点に加え礼服と喪服を確保した上で、月額10000万円程のファッションレンタルを利用すれば、衣類を増やすことなく生活を送れるだけでなく、衣替えの必要もありませんが、年間120000円の服飾レンタル代を安いと感じるか高いと感じるかによって利用の是非は異なるでしょう。

綺麗に冬物衣類を保管するために必要なスペース

冬物衣類は傷みやすくかさばるために、保管のために必要なスペースが広く、綺麗に冬物衣類を保管したければ相応のスペースが必要となるため、保管用のスペースを増やす工夫やレンタルサービスを用いた外部保管スペースの利用を視野に入れなければなりません。

▲ TOPへ戻る